古銭の買取の相場

★口コミで人気の古銭買取サイト♪
↓   ↓   ↓
⇒古銭を高く売る方法を教えます。


古銭を高く売りたい人

私は以前古銭買取の仕事をしていました

その時得た知識から、古銭を高く買取してくれる方法をお話ししますね

家にある古銭コレクションを売りたい

でも古銭ってたいした値段がつかないんじゃないか・・・そう思っている人が案外多いのです

そんな時に古銭をネット査定に出すと意外と高い値段で買い取ってくれたりするのです

しかも無料で依頼出来ますので、ネット古銭買取査定がおすすめです

⇒古銭買取査定はこちら

また引越しの時に不要の古銭を処分する人もいますよね。

でも処分する前に一度査定依頼をして買い取ってもらいましょう

⇒古銭を高く売るには?

古銭の買取業者について

古銭の買取業者について語りますね。

最近ではネットでの古銭を買取する業者が増えてきました。

理由は無店舗による経費削減で高価買取が実現できるのと、専門の鑑定士がいてかなり高く買取をしてもらえるようになったのです。

しかも全国どこでも訪問出張する買取専門業者で郵送宅配などもOKです!

とても便利なので是非一度査定してみてくださいね。もちろん持ち込みもOKです。

⇒古銭を高く売るには?

ちなみに古銭の査定料金はもちろん無料です。

古銭の買い取りについて

古銭の買い取りについて、市場の相場や価格表などの一覧表を参考にさまざまな視点から書きますね。

ところで古銭の代表格と言えばやはり寛永通宝。寛永通宝とはあの銭形平次が投げたお金と言えばわかりやすいですね。主に江戸時代に大量に発行され和歌山市などでも。

まあ実際にはかなり家に大量にある場合が多いので捨てるのかそれとも鑑定に出すのかの区別が必要なのです。間違って価値のあるものを捨てるのはもったいないし、価値がわかればどう対応すれば良いかわかるものなのです。

たいがいは練馬区はもう中心部だし昔は大根で有名だったけど今では様変わりしたのです。とは言うものの少しは名残があるものなのですが。それでも最近では郊外に行くと農業を行う人もどんどん増えてきました。まあ自然が増えるのはとてもよいことだとは私個人は思うのですが。

サーキットで有名な鈴鹿市や立川市や有楽町、醤油の街で有名な野田市や目黒区、明石市、名古屋市や名古屋駅、または箕面や墨田区、北九州市、北海道で今でもかなりの数が現存しています。まあ現実的に考えてもそう簡単には見つからないとは思うし、もし見つかっても価値があるかどうかは全然別の話しになると思うのです。

実際に査定の金額が満足いくかどうかというのは個人的な感想だし、だいたいいくらぐらいで売れるのか見当がつかないものだから、余計に色々と調べて本当はいくらで売れるのか真相を知りたくなるものなのです。

ところでだいたいお金の価値と言うのは時代により変わるものなのです。例えば明治時代のお金の単位である、1銭(今の値段にしてどのくらいでしょうか)や5銭(まあ今の金額に考えてもそれほど大きな単位とは思えないですけどね。)、そして10銭や50銭と言われてもあまりピンと来ない人がほとんどだと思うのです。もちろんだいたい平成の今と違い明治時代にはそんなに買いたいものが今よりはないと思うし、特にやはり食費に費やすのが一番金額的に大きいと推測されるのです。

もちろん寛永通宝にも年代によりさまざまなデザインがあり当然専門の鑑定士からすると査定金額に差が出てくるのは当然の話しなのです。また実際問題としてその差額に対する評価と言うのはかなり基準みたいなものが曖昧模糊の可能性があり需要と供給の関係とも言えるのかも知れないですね。

つまり寛永通宝は主に古寛永と新寛永に分けられるのです。専門的に言うと古寛永とは寳文字で最後の3画がスなのです。そして新寛永は寳文字で最後の2画がハです。

まあ防府市、豊田市、豊橋市、宝塚市、別府市、米沢市、米子市、平塚市、兵庫県、福山市、福岡県、福井県、富士市、富山県、浜松市で一般ユーザーはこんな専門的なことは専門の鑑定士に任せれば良いだけなのですが、知識として持っておいても損はないと思います。

また古銭の中でも紙幣の価値は年代にもよりますが相当高く、かなりの値段がつく場合があるのです。つまり価値がある高額の価格がつく可能性があるという事なのです。

ところで新札が発行されるたびに旧札のピン札を記念に持っている人が多いと思います。例えば100円札や500円札とか。いずれ価値が上がると思って持っている人も多いでしょう。お小遣い稼ぎになります。

まあ将来的に専門の鑑定士による査定額や実際に売る時の紙幣の売値ですが発行枚数でプレミアな価値が付加される場合があるのです。つまりたいがいはプレミア的な価値のあるものに出会うのはけっこう難しいものかも知れないですね。

つまり現実的にはそんなプレミア的な価値のあるものは例えば先祖の人が偶然持っていたとか、江戸時代からある民家で蔵の中に古いものがあったりとか事情がかなり特別だと思うのです。それはやはり江戸時代くらい前じゃないとなかなか価値のある物が少ないのです。

もちろん明治時代にもそういう価値のあるプレミア的なものもあります。ただ江戸時代の方がそういうプレミア的な価値のあるものが多いと言うのも一理あるのです。まあ実際に鑑定されるほどの価値のあるものは希少価値があるから値段が高いとも言えるんですけどね。当たり前の話しなのですが。

また国内のみならず、海外、つまり外国のお金・外貨で日本でおなじみの中国や香港のお金だとけっこう価値があるものもあるのです。やはりアジアは歴史がありますので。そして鑑定士によるお金の査定額や実際の売値が気になるところです。

ところでものの価値は売買でけっこう新しいものが値段が高い傾向にあります。例えば家電や車などはなるべく新しい方が価値があるのですが、古銭の場合は逆で古い年代の方が価値があがることの方が多いのです。つまり物の価値というのは立場によって全然変わるという事なのです。

つまり業者の査定における金額はかなり立場によって変わるという事なのです。ちなみにネットでの取り引きは口コミ情報などでも評判が良いのです。お小遣い稼ぎになります。まあたいがいはそれほどの金額ではないですが、時々大当たりのものもあるので一度依頼してみたらどうでしょうか。

ところで時代でもあまり長くなかった大正時代は案外発掘したら面白いものがたくさんありそうです。もちろん記念に発行された金貨などは別格ですがこの時代にはそんなに高価なものを発行していたとは考えずらいのです。

また錦糸町や京都府、宮城県、宮崎市、宮崎県、久留米市、吉祥寺、岐阜市、岐阜県、岩手県、岸和田市、茅ヶ崎市、加古川市、荻窪、岡山県、横浜市、横須賀市、越谷市、浦和市、宇都宮市、茨城県、愛媛県、愛知県、つくば市で昔の額面、つまり一銭から十銭、1銭と5銭と10銭と50銭などは明治時代の貨幣価値ですが今の時代では高額の売値がつく場合もあります。

1円玉や1円札、5円や五円玉や10円玉やギザ十(ギザギザのある10円玉・意外と価値があったりする場合もあり。)、10円札や50円、100円、500円、500円札やなつかしい旧1万円札や、10万円金貨などはかなり価値があったりします。

もちろん姫路市、半田市、八尾市、八戸市、八王子市、函館市、梅田、日本橋、日田市、尼崎市、奈良け、苫小牧市、栃木市、栃木県、徳島県で東京オリンピック時に発行された記念コインなどもかなり価値があったりします。

もちろん大阪府、大阪梅田、大阪難波、大阪天王寺、大阪堺、台東区、足立区、相模原市、巣鴨、倉敷市、倉吉市、前橋市、船橋市、浅草、川崎市、川口市、千葉市、千葉県、仙台市、石川県、静岡県、青森県、西尾、西宮市、西葛西、盛岡市、世田谷区、水戸市、諏訪市で時代背景で江戸時代のものが一番価値があるものが多いのです。

意外と穴場が明治時代のお札だったりするのです。また大正時代も短いだけに発行部数が少ない場合ではかなりの高額の売値がつく場合があるのです。また昭和時代でも戦前や戦中などでは極端に発行枚数が少ない場合もあり、これも超プレミア価格がつく場合もあります。

これだけ時代背景による年代別の価値がバラエティに富むのです。特に売る時の値段で高価なもののランキングも年代にかなり影響を受けると言えるでしょう。お小遣い稼ぎになります。

他にも藤沢市、東京、土浦市、都内、天保、天王寺、鶴見、津島、津田沼、長野市、長野県、調布市、町田市、中央区、池袋、大和高田市、大分県で査定額に札の汚れ(当然新品みたいにピン札の方が良いのです。)などの状態により価値がかなり変わるのです。これがコツです。

つまり中古で古い方が価値がある古銭は買取相場においてプレミアムな価格がつく市場で特に年代ものの場合は価格の一覧表を見ても、江戸時代のものはとんでもない値段がつく場合もあり、まして紙幣の査定における価値はとんでもない金額がつく場合があるのです。記念硬貨に対してもかなり一覧表からも発行枚数が少ないパターンは高額査定になる可能性があるのです。

ところで江坂、江戸川区、広島県、厚木市、呉市、恵比寿、郡山市、群馬県、熊本市、熊本県、熊谷市、釧路市、駒込、九州、銀座、金沢市で前にも書いた銭形平次でおなじみの寛永通宝ですが、自宅の蔵などに保有している人もいるのかも。そしてお小遣い稼ぎに、蔵にある寛永通宝を売りたいと思い、鑑定士に鑑定してもらうと売買である程度は価値や価格がわかるのです。

また寛永通宝は一文銭(無背・デザインがないもの)、四文銭(背に波模様がある)ですが買い取り価格にかなり幅があり、現在の価格で100円からくらいで高いものはかなりの高額査定がつきます。それほど古いものの方が価値があるのです。これは骨董品と同じですね。これがコツです。

ところで秦野市、神保町、神奈川、神戸市、新宿、新座市、新居浜、新潟市、新潟県、上野、上田市、上越市、焼津市、沼津市、松本市、松山市で各店舗の買い取り傾向ですが、すぐに売りたいので在庫処分で安く買取する傾向にあります。もちろん高く買い取りをしてくれるショップもありますから一概には言えないのですが。そしてこういう店舗は売買で人件費を含めても経費がかなりかかるものなのです。

やはり一番身近に感じるのは昭和時代だと思うので。東京オリンピックがあり、10万円金貨などが発行され、お金の単位でも1円玉から1円札、そして5円玉や10円玉、見たことない人が多いと思うけど10円札や50円玉、そして100円玉や昔の人なら知っている100円札やちょっと前まであった500円札などもあり、ギザ十と呼ばれる硬貨も有名なのです。また旧一万円札も知っている人がとても多いものなのです。

だから山形市、山形県、山科、三島市、三田、三重県、札幌市、埼玉県、高槻市、高知県、高松市、高崎市、高岡、甲府市、溝の口、江東区で最近ネットでの取り引きが盛んになってきた理由の一つにまず無店舗で在庫やテナント料金が必要ないので、その分買い取り価格に反映され高い値段がつく場合が多いのです。これがコツです。

あと郵送宅配というシステムだと自宅から一歩も出ずに取り引きが完結するのでとても便利なのです。他にも専門の鑑定士が出張訪問してくれるので、これも自宅で取り引きが完結するのです。あとは売買で業者の窓口に直接持ち込みも可能なので、自分に合った方法で取り引きをすれば良いのです。

ところで松江市、松戸市、小山市、小岩、渋谷区、秋葉原、秋田市、宗像市、鹿児島県、自由が丘、滋賀県、四日市、山梨市、山梨県、山口県で江戸時代の通貨で有名なのは寛永通宝ですが、これは庶民の通貨というイメージ。やはり大判小判がお金持ちのイメージがあると思います。この大判小判ではとんでもかい値段がつく場合があるのです。